more money のお金と投資とちょっとプライベート

人生を充実させるにはお金と時間に囚われない生活を手に入れること!そのためにお金や投資についてブログに書こうと思います!あとはちょっとプライベートを書いちゃいます。いっぱいご縁(御円)が欲しいな(^^♪

 

 

 

本音はどっち?中国のブロックチェーン技術について225件の特許申請の真意は。

昨年は仮想通貨にとって大きな飛躍があり、今年に入ると仮想通貨は大きな試練を迎えている(●´ω`●)

 

例えば、日本ではコインチェックが過去最大規模の仮想通貨の流出を起こしたことにより市場が大混乱に陥っている。

 

また中国ではマネーロンダリングや人民元の流出の原因が仮想通貨ということで、大規模な規制(禁止のような)をかけて厳しく取り締まっている!

 

こんな感じで世界的に仮想通貨への見方が厳しくなる中で、

 

英国フィナンシャルタイムズ紙が面白い記事をあげた。

 

それによれば昨年のブロックチェーン技術の特許申請で最も多いのはなんと中国で、その件数はアメリカの91件を大きく上回る

 

225件W(`0`)W

 

これはなんちゅう事ダァ〜‼️

 

「世界知的所有権機関(WIPO)へのブロックチェーン技術関連の特許申請数は、2017年は中国が最多だった。英フィナンシャル・タイムズ紙が25日に伝えた。

 トムソン・ロイターのデータによると、WIPOが17年に受けた特許申請406件のうち半数以上が中国からの申請だった。中国のブロックチェーン関連の申請数は225件で、アメリカが91件、オーストラリアが13件と続いた。

 昨年のブロックチェーン技術の特許申請は、前年比3倍に増加した。トムソン・ロイターのオンライン・ノウハウ・サービス「プラクティカル・ロー」の編集者であるアレックス・バテソン氏によると、「企業は、技術開発の新しい領域で、自分たちのアイデアを守るために素早い対応をしている。実際に技術が市場に出るかなり前に申請をしている」。

 12〜17年の間の、ブロックチェーン技術関連の特許申請数上位9社のうち6社を中国企業が占めた。トップはベイジン・テクノロジー・デベロップメント社だ。すべての特許技術が実際に商品化されたわけではないが、産業の特定の分野の動向を示し、参入障壁となるかもしれないという点でこのデータは重要だ。

 バテソン氏は、特許は投資を呼び込むための重要な手段だと付け加えた。特定の技術に関する特許は、「知的所有権を企業が所有し、使用するにあたって、他の当事者に妨害される恐れがない」と投資家たちに示すことができる。

 中国政府はブロックチェーン技術の開発に関心を示している。コインテレグラフは3月上旬に、政府系団体の中国投資協会がブロックチェーン投資開発センターの設立計画を認めたと報じた。

 一方、中国工業情報化部は23日、ブロックチェーン技術の開発と標準化を推進するための目標を記した文書を公開した。目標には、国際基準の策定も含まれている。」

 

 

仮想通貨については依然として厳しい態度を見せている中国だが、最近は少しずつその態度を軟化させるような動きがある。

 

中国人民銀行総裁の易綱氏は仮想通貨に対して、その可能性に中国の未来を見ているような発言があるらしい。

 

だとすれば、これらの動きは今後も注意して見て行かなきゃ行けないんじゃない?

 

取引規制で先手を行く日本でも技術では中国に遅れを取るようならこの駆け引きの行く末は見えている。

 

狐と狸の化かし合い

 

だと思えば、僕ら仮想通貨の投資家はどうすべきか?考えておかなければならない(´-`).。oO

f:id:zanshin-koduka:20180326170759j:image

 

 

 

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 人気ブログランキングへ